ガラケーサイト派?スマホサイト派?


ガラケーとはガラパゴスケータイ・フィーチャーフォンの略で、従来の携帯電話のことです。ガラケーとスマホの大きな違いは、使える機能やサービス、料金体系、操作方法の違いなどです。それぞれ使う人によって好みや、メリット、デメリットがあると思います。最近ではスマートフォンが流行ってきていて、持っている人の割合がかなり増えました。価格が高いことや、使い方がいまいちわからないなどの理由から、また、好みの問題により、まだまだ従来の携帯を使っている人もたくさんいます。
買い換えない理由として、ウイルスへの不安や、おさいふ・赤外線・ワンセグなどの機能が無いということのほか、使いたいアプリが無いという理由も多いようです。携帯電話の主な機能は通話、メールだとは思いますが、最近では調べ物をしたり、ゲームをしたりなど様々な使い道があり、様々なサイトが存在しています。それらを使うにあたり、スマートフォンが流行ってきたことにより、スマートフォンでしか見られないサイトも増えてきたのではないでしょうか。また、スマートフォンはパソコンと同じような使い方ができるので、従来の携帯より利用できるインターネットの幅が広がっているといえるでしょう。逆に、コンテンツ会社などの対応がまだまだ追いつかず、従来の携帯でしか使えないというサイトも多くあるというのが現状ではないでしょうか。(制作するならこちら。

そこで利用者が思っているそれぞれのメリット・デメリットにはどんなものがあるのか考えてみたいと思います。まず、スマートフォンは従来の携帯よりも一度に表示できる情報が多い端末が多いということ、実用的で、しかも無料で使えるアプリが多いということ、インターネットの使える幅が多いということ、通信速度が速いということ、高画質の動画や写真が閲覧、撮影できるということなどが上げられる反面、パソコンからのメールを拒否している人とのメールのやり取りに困るということ、通信費が高いということ、パソコン用のサイトは見られるが、携帯電話専用のサイトは見られないということ、また、女性の中にはネイルアートをしていたり、爪を伸ばしているためタッチパネルが面倒ということ、さらに高齢者からは、ただでさえ画面が小さいのにメールのデカ文字機能が無いということなどのデメリットもあげられます。
従来の携帯では、操作が比較的簡単だということ、セキュリティーが強いということ、バッテリーの持ちが長いということの反面、手軽にカスタマイズすることができないということ、オフラインで遊べるゲームが少ないということなどがあげられます。また、スマートフォンの買い換える理由の中にパソコンの代わりにという人も少なくは無いと思いますが、それは使う範囲や用途によってかなり変ってくるようです。趣味としてや、簡単な機能を使う分にはまったく問題はありませんが、仕事などで使う人はやはりスマートフォンの機能ではパソコンには到底及ばないのが現状のようです。さらに仕事でパソコンをよく使う人は、パソコンを開いている時間も長いため、必要性が無いと考えている人も多いようです。
このように、使う年齢層や、使いたい理由、用途のよってそれぞれに様々な考え方があり、一概にどちらがいいということは言えません。自分はナゼ、スマートフォンがいいのか、ガラケーがいいのか、また本当にそのためにはそちらが使いやすいのか、様々な点から考えられると思います。そして、いくらスマートフォンの需要が増えたといっても、従来の携帯を使っていきたいという人も多いので、どちらかが無くなるということはなさそうです。それぞれのメリット・デメリットをふまえた上で、それぞれ使いやすい方を使うのが一番ではないでしょうか。

–関連ニュース–
  1. ガラケーはスマホに負けたのか?
  2. スマホ隆盛
  3. ガラケー派?スマホ派?

消費者金融を比較


ここ数年消費者金融業界には荒波が立っています。
というのも、2005年頃に改正された法律によって、総量規制が始まったからです。
この総量規制とは、借入をする人たちが、借りるお金の量を規制するということを指しています。
以前は条件さえ合えば借りたいだけお金を借りることができていました。
しかし、今では各自収入の3分の1しか借入できなくなったのです。
国が借金に苦しむ人を減らすことを目標にしているのか、詳細な点は分かりませんが、このことが消費者金融界に絶大な影響を及ぼしていることは確かのようです。
というのも、消費者金融大手の昨年の決算は以前と比べて大幅に減っており、総量規制による消費者金融業界への風当たりが厳しくなっていることがよく分かります。
人々の経済に対する見方や流行が変っているのならともかく、法律によって規制されたものはどうしようもないですよね。
消費者金融にとっては頭を悩ませる現状となっているようです。
ただ、この法律を支持する声も多くあるので、法律に合う範囲内でどのようにサービスや業務を拡大できるかが今後の課題となってくるかもしれません。
総量規制という逆境を通してより良いサービスが生まれることを願いたいですね。


次に、消費者金融とキャッシングの比較と申込みについてここでは説明したいと思います。
消費者金融は、キャッシングする際に加入しなければならない会社のことですが、あなたはすでに加入していますか?
キャッシングをしたいなら、まずは利用する消費者金融を比較検討し、それからいずれかの消費者金融に申込書を出す必要があります。
消費者金融を比較する一番の方法はインターネット上にある情報を集められるだけ集めることです。
ネット上の情報は不確かなものが多いので、確かな情報を得るには、より多くのサイトをみる必要があります。
どのようにしたら良いのでしょうか。
例えば、3~4つの消費者金融に関するサイトを見つけたとしましょう。
そうしたらそれら全てのサイトに共通する情報を探します。
少しでも違っていたら、それは不正確な情報かもしれないので、自分の頭の中からは削除してください。
全てのサイトに共通する情報のみを集めて行き、自分の判断材料とします。
これをできるだけたくさん繰り返せば、正確な情報をたくさん手に入れることができますよ。
申込みはネット上もしくは広告に書かれている手順に従ってすれば問題ありません。
分からなかったらすぐに電話して聞きましょう。
がんばってくださいね。

人気のAndroidアプリ

AndoroidはiPhoneの後続として誕生したにも関わらず、そのシェアはいまや世界一。
アプリの種類においては未だiPhoneには及びませんが、日々開発されているものですから、使いやすいアプリも続々登場しています。
ではAndroidで人気のアプリを見ていきましょう。
iPhoneでも人気のあるアプリはやはりAndroidでも人気で、乗換え案内が検索できるアプリや天気予報のアプリは人気があります。
ドコモユーザーならインストールしておくべきは請求金額、無料通話時間を簡単にチェックできる「My docomo checker」
Android携帯では、端末内やSDカード内に何のデータが保存されているか確認することができないのですが、「アストロファイルマネージャ」などのアプリを使えばカンタンにSDカード内のデータを確認できます。
また入力がしずらいのがAndroid携帯の欠点でもありますが、それが改善できるのがフリック入力が出来るようになる「Simeji」というアプリです。
このように、購入したままでは多少使いづらい点のあるAndroid携帯でも自分好みのアプリを入れることで使い勝手を良くすることが可能です。

Androidアプリについて

現在日本で普及しているスマートフォンにはiPhoneとプラットフォームがAndroidのものの2種類があります。
Androidはグーグル社が開発、発表したものでキャリアがソフトバンクに限定されているiPhoneとは異なり、各キャリアからさまざまなAndroidを搭載した機種が発売されています。
AndroidはLinuxベースとした携帯電話用のOSやミドルウェア、アプリケーションを含んだプラットフォームですが、その大きな特徴は無償で利用できる点にあります。
このため、各メーカーはAndroidを搭載したスマートフォンを多く参入し、世界ではiPhoneのシェアを抜きトップの地位を占めています。
アプリについて言うと携帯アプリは各キャリアで分けられていたのに対し、スマートフォンの場合はAndroidかiPhoneかでアプリの取り扱いが異なることも大きな特徴です。
AndroidのアプリはGoogle公式のAndroid Marketで配信していますし、その他のサイトからでもインストールすることができます。
また、ドコモが発売するAndroid携帯には従来の3G携帯で人気のあったおサイフケータイ機能が付いていたりするなど、今までの3G携帯の機能を併せ持ったスマートフォンとなっています。

人気のiPhoneアプリ

iPhoneアプリはその数なんと350,000以上。
iPhoneのタッチパネルや本体を動かすことで画面の表示を入れ替えることが出来る機能などを利用したゲームなども数多く出ています。
iPhoneで公開されているアプリの中ではやはりゲームアプリが最も多いですが、人気のあるアプリはゲームではなく実用的なものが多いです。
例えば「乗換え案内」や「ウェザーニュースタッチ」「Y!ヘッドライン」などインターネットサイトでみることも可能だけれども、ワンタッチで欲しい情報が手に入るというアプリが便利で人気です。
ツイッターをする人はやはり「Echofon for Twitter」というアプリは欠かせないでしょうし、無料で新聞が読める「産経新聞」、また通話が無料で出来る「Skype」も人気のアプリです。
仕事に使うなら便利なTodoアプリケーション「Remember The Milk」やメモをとるのに便利な「Evernote」もお勧めのアプリです。
家計簿やスケジュール管理なども数多くのアプリが出ていますから、自分のニーズに合ったものを探すことが出来そうです。
無料のものでも十分に使いこなせるアプリも数多く出ていますが、有料のものはやはり仕様などがしっかりしており、好んで利用するユーザーも多くいます。

iPhoneアプリについて

アプリという言葉が携帯のアプリケーションの登場とともに広まったものの、iPhoneの登場もまたアプリを広く普及させる一つの大きな要因であったことは間違いないでしょう。
今までの日本の携帯電話とは一線を画すものであることはすでに承知の事実でしょう。
iPhoneアプリはAppStoreでしか手に入れることが出来ません。
またそのためにはiTunesへのアカウント登録が必要となっています。有料アプリ、無料アプリに関わらず、iPhoneのアプリを楽しもうと思ったらこの一手間がどうしても必要となってしまいます。
しかし、iTunesはただアプリの購入に必要なものではなく、iPhoneのデータのバックアップやiTunesとの同期などを行ってくれるとても便利なソフトです。
また、入手経路が統一されているためにセキュリティ面などでも安心です。
iPhoneのアプリが携帯アプリとことなりさまざまなアプリが出来てきたのは、携帯の場合は機種ごとに異なるつくりとなっている部分も多くまた、キャリアによっても制限が多くあったことによるでしょう。
その点iPhoneはiPhone3GやiPhone4が出ているものの、iPhone向けのアプリとして開発しやすいという特徴もあると思います。